結婚式といえばウエディングケーキ

結婚式には付きもののウエディングケーキですが、イギリスが発祥のようです。

もとは1段のもので、花嫁のケーキと呼ばれるシュガーケーキだったそうです。

1段のものから2段や3段のものになってきて、今日の日本では3段のものが見る機会も多いように思います。

18世紀のイギリスのビクトリア女王の結婚式の時の3段というイメージが根強く残っているのでしょうか。

ウエディングケーキにもいろいろあってケーキ入刀用のイミテーションケーキは一部分だけが本物ということでお値段を抑えられます。

最近主流になってきている生タイプのケーキは入刀後に参加者にデザートとして配れるため人気のようです。

その他にもフランス式のクロカンブッシュというシュークリームをカラメルで固めたものなどがあります。

このシュークリームは高く積むほど良いとされています。

オリジナルケーキで特別の思い出にするのもいいでしょう。

参加者を二人の甘い世界に巻き込むことうけあいです。

前の記事